一戸建ての契約取消について

###Site Name###

一戸建てという高価な売買をするときには、契約後トラブルを防ぐように、きちんと売買契約書を作成することになります。
もちろん、不動産業者(宅地建物取引主任者)が契約に関わることになるときには、契約書を必ず交付しなければならないと決められていますから、売買契約書が交わされることになります。そのときに次のようなことを注意する必用があります。

まず第一に、実印を用意するこちです。実印でも認印でも本人が自分で押せば、契約は成立することになります。しかし、認印はどこでも簡単に手に入ることができるので、契約書を改ざんされる恐れがあります。

したがって契約書には実印を押すようにします。


また、一戸建ての契約者が本人であることを証明するためにも、印鑑証明書を契約に添付するようにします。



もちろん相手にも要求することになります。



まや、捨て印は絶対にしないことです。


『後で訂正があるときには訂正印として捨て印を押してくれ』と言われなくても、悪用される恐れがあるので『そのときには確認してから押す』と断ることもできます。1戸建ての契約の契約書には、1,2,3や一、二、三といったものでも構わないのですが、改ざんされないようにするために壱、弐、参といった漢数字を使うことになります。

1戸建ての売買契約書には売買代金によて印紙をはることも必要です。一般的に印紙代は売主と買主とが折半にしますので『買主側の負担だ』と言われても、きちんと折半するよう旨を伝えることになります。


契約書にはいろろな重要なことが記述されていますが、よほど慣れていないと一読しただけではすっきりと理解できないものです。
そこでチェックポイントをしっかりつかむことです。



1戸建て契約の当事者や取引する物権、売買代金、目的不動産である一戸建ての引き渡し時期と移転登記の時期などです。

このほか、特別に約束された事柄、いわゆる特約があれば契約書に記載されることになります。